平成28年度 学力・学習状況調査の結果の概要について

平成28年度の学力向上のための学力面,学習状況面より取組みを通じての改善策を出しました

平成28年度 調査結果

学力面では,基礎的な内容で向上が見られるものの,根拠を明確にして自分の考えや書くこと,必要な情報を選択し処理することなど応用的な内容で全国との差が見られます。

学習状況面では,友達や家族とのコミュニケーションができ,授業でも話し合い活動に積極的に取り組んでいるものの,家庭ではゲームの時間が長く,宿題をしたり読書をしたりする学習習慣が身についていない状況が全国と大きな差が見られます。

中学校では支え合い・高め合いながら・学び合いを深めて,学力の向上を目指す取組みを進めて行っています。また,小学校との連携も進めて行っています。学校だけでなく,家庭,地域との連携を大切に今後も学力,学習状況の向上に努めて行きたいと思います